電話マーク

お電話

メニュー

歯のグラつきの原因や対処法について

歯がグラグラする原因や対処法について

/

症状から記事を探す

今回は歯がグラグラする原因や対処法について

お話ししようと思います。

歯のグラつきは、多くの人が一度は経験する悩みです。

グラグラする歯は不快感を引き起こすだけでなく、

放置すると深刻な問題になることもあります。

歯のグラつきの主な原因とは…?

まず初めに、歯が揺れ動くことは通常の状態ではありません。その原因は多岐にわたりますが、最も一般的なものは以下の通りです。

[ 歯周病 ]

歯周病とは歯を支える組織が炎症によって、組織破壊が起きている状態です。歯肉炎から始まり、進行すると歯槽骨が破壊され歯周病になります。このため歯が支えを失い、グラグラしてきます。初期の症状には歯肉の出血や腫れがありますが、進行すると歯が揺れる、膿が出るなどの症状が現れます。

[ 歯ぎしり・食いしばり ]

睡眠中の無意識な歯ぎしり食いしばりは、歯や歯周組織に過剰な負荷をかけます。これが繰り返されると、歯根膜が損傷し、歯が揺れ動く原因となります。歯ぎしり用のマウスガードなどで対策が可能です。

[ 咬合の問題 ]

咬み合わせの不調和(咬合不全)は、特定の歯に過剰な力がかかる原因となります。これにより歯周組織が過度にストレスを受け、歯が揺れることがあります。咬合調整が必要な場合もあります。

[ 口腔内の感染症 ]

歯の周囲や根管内で感染が起こると、炎症が広がり歯を支える組織が弱くなります。この結果、歯が揺れグラグラしてきます。感染症の治療には、根管治療や抗生物質の投与が必要です。

 

予防と対策で取り入れたい4つのこと

 歯のグラつきを防ぐためには以下のような対策が有効です◎

 定期的な歯科検診と日常的な口腔ケア

定期的な検診を受けることで早期に問題を発見し適切な処置を受けることができます。毎日のブラッシングやフロスの使用がとても重要になります。

当院衛生士によるクリーニングの様子   LION歯科・矯正歯科3階診療室

 

当院衛生士によるTBI(歯磨き指導)の様子.     LION歯科・矯正歯科4階診療室

 

早期発見

歯周病や咬合不全などの問題は早期に発見して対処することで、進行を防ぎます。

専門的な治療

歯に異常を感じた場合は、速やかに歯科医院を受診し、専門的な診断と治療を受けることが重要です。特にレントゲン撮影だけではなく、CT撮影を用いることで、より正しい診断が出来ます。

マイクロスコープを使用した治療の様子   LION歯科・矯正歯科3階診療室

 

生活習慣の見直し

食生活の改善、禁煙、ストレス管理、ブラッシング習慣など生活習慣を見直すことで歯の健康を保ちます

 

最後に

歯がグラグラする原因は様々あり、それぞれに応じた予防と治療が必要です。

歯の健康は全身の健康にも深く関わっているため、早期の対処と継続的なケアが不可欠です。

日々のケアを怠らないように心がけていきましょう!

何か不安やお悩みがある場合は、LION歯科・矯正歯科まで是非一度ご相談ください。

 

著者 Writer

著者画像
横井 宏幸
役職:理事長
診療日:火・水・木・金・土

医療人として、人間として、
「信頼される歯科医院」を目指します。

【経歴】
神奈川歯科大学 歯学部 卒業
明海大学病院歯周病科 入局
2014年4月2日 LION歯科・矯正歯科 開院

【資格】
日本歯周病学会 認定医
歯科医師臨床研修指導医
歯科医師

【所属】
日本歯周病学会

診療案内

イメージ

一般歯科

イメージ

歯周病治療

イメージ

審美歯科

イメージ

インプラント治療

イメージ

マイクロスコープ

イメージ

矯正・インビザライン

イメージ

親知らずの抜歯

イメージ

ホワイトニング

イメージ

検診・クリーニング

イメージ

小児歯科

イメージ

入れ歯

イメージ

親知らずの移植

LION歯科・矯正歯科

住所

232-0016
神奈川県横浜市南区宮元町2-26-3

最寄駅

横浜市営地下鉄ブルーライン「蒔田駅」徒歩4分
京浜急行「南太田駅」徒歩10分
京浜急行「井土ヶ谷駅」徒歩17分

駐車場

なし

9:00〜13:00 -
14:30〜18:30 -
お電話でのお問い合わせ

045-315-5859

 
24時間受付

BACK TO TOP

WEB予約アイコン

WEB予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー